まさSHIT

学生ブロガー×映像クリエイター

【学生最高】中産階級で育った田舎者の半生

 

 

私は本当に周りに恵まれてます。

最近ふと思うことが多いので、適当に半生を振り返ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:masashi0811:20190521131602j:plain

大学の親友@沖縄

 

 

私は、いわゆる一般的な家庭に生まれ、十二分に幸せな家庭でぬくぬくと育ちました。

 

 

小学校・中学校

 

小さな町なので、小学校の同級生がそのまま中学でも同じクラスです。

 

水泳・テニス・陸上を習っていたので、控えめに言って運動神経は良い方でした。

 

運動会でもリレーの選抜としてアンカーを務めたり、体育の成績も良かったです。

 

 

足が早かったので、若干モテてたかもしれないです。(多分。)

 

 

小学校で足が速いとモテるというのは、事実ですね。

 

休日は先輩とデュエマや遊戯王、野球をして過ごす。(切り札はボルシャックドラゴンとカオスエンペラー)

 

そのまま先輩のいるサッカー部に所属。(部員数が少なかったですが、一応キャプテン)

 

あ。キャプテンもモテました。w

 

個人的な印象に残っているのは、火曜と金曜がサッカー部の朝練で、月曜と木曜がバレー部の朝練だったので、バレー部の朝練に毎週参加していたことです。

 

 

ここで、フローターサーブを習得。

 

 

f:id:masashi0811:20190521124831j:plain

地元

 

地元の祭りが最高に楽しい。

 

 

 

marusankakusikaku.hateblo.jp

 

 

 

高校

 

f:id:masashi0811:20190520135917j:plain

使い回し

 

ここで今の"相棒"に出会います。

 

 

クローズが大流行していたので、強くなりたいとの思いから総合格闘技を始めます。そして、同じジムにいたのが彼です。

 

 

彼は、サッカー全国優勝を経験しているスーパーアスリートで、実家も大金持ちです。

 

いろんな偶然が重なってジムで意気投合。

よく遊びました。(今でもw)

 

 

高校時代で思い出に残っていることは、カナダに二回留学したことです。

 

ホームステイしてカナダの文化について学んできました。このタイミングで"文化"に興味を持ちました。

 

 

今後は映像を通じて"世界のカルチャー"を発信していけたらなんて考えたりもしてます。

 

 

www.youtube.com

 

 

まずは地元をレペゼンします。

 

 

f:id:masashi0811:20190521130553j:plain

 

大学

 

ここのボリュームがすごいので箇条書きします。

・飲みサーで底辺を経験

わたみん家社畜を経験

・タイにバックパック

・ヨーロッパ縦断

・スタバでバイト

・免許合宿&大型自動二輪まで取得

・シェアハウスで共同生活

インターン

 

 

marusankakusikaku.hateblo.jp

 

 

 

 

f:id:masashi0811:20190521132650j:plain

愛車はヤマハのTW

 

 

ざっと思い出せるのでこれくらい。

 

だんだん意識高くなってるところが面白い。w

 

 

多分まだまだありますが思い出したタイミングで適当に書いていくので、読者になってね♪←この記事で一番の重要ポイント

 

 

 

marusankakusikaku.hateblo.jp

 

 

 

感想

 

正直、いじめとは無縁の生活で最高の学生時代でした。

小学校では委員長や放送委員長を務めて、中学校では、部活動のキャプテン、高校は総合格闘技とカナダ留学、大学ではビジネスプログラムにインターン

 

 

いわゆる学生生活を全うに過ごせたかな?ゆたぼんに届けw

 

 

学生最高だぞ。

 

 

ですが、私は「数人の友達と細々とそれなりに楽しめれば良い」と思って過ごしていました。

 

好奇心旺盛、更に飽き性な性格なので、色んなコミュニティに足を突っ込んでは抜いての繰り返し。

 

それでも、親切にしてくれた友人や先輩・後輩にはめちゃくちゃ感謝してます。

 

うまく言語化できないけど。。。

 

 

 

f:id:masashi0811:20190521132742j:plain

大学時代はピストとTWの二刀流でした。

 

 

色んなことに挑戦できたのも全ては両親のおかげ。

 

自分勝手な性分は多々ありますが、今後はより一層周囲に感謝の気持ちを伝えていこうかなと思います。

 

 

金八先生の言う通りですね。

 

f:id:masashi0811:20190521131316j:plain

最高にCOOLだ

 

 

この通り本当に幸せな生活を送れています。

今後も精進して、周りに還元できるように一所懸命務めます。

 

おわり。

 

 

marusankakusikaku.hateblo.jp

marusankakusikaku.hateblo.jp

marusankakusikaku.hateblo.jp

 

【前編】クラウドファンディングで音楽イベントした話

 

 

 

“西野かっけえ”

 

革命のファンファーレを読んだ私は間違いなく、キングコングの西野さんに感化されました。

 

それまでの西野さんのイメージというと、

 

はねトびに出てた人とか、よく炎上してる人っていう印象。

 

 

f:id:masashi0811:20190520135323j:plain

 

 

しかし、たびたびネットを騒がしている西野さんに私は、いつの間にか注目するように。

 

 

 

「なんかカッコ良い表紙だな」

 

 

店頭に並んだ本をジャケ買いしたのは初めてだった。

 

最初はお金に対する価値観や信用が書いてあって、後半はクラウドファンディングのことが書かれてました。(たしかそんな感じw)

 

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

 

正直目から鱗

 

何事でもお金がないと始められないし、スタートラインにも立てない。

 

物事を始めるときは、いつも金銭的な制約に苛まれていましたが、クラウドファンディングなら昔諦めた夢や目標でも実現できるかもしれない。

 

革命のファンファーレが出版してから間も無く、私はすぐにそう思いました。

 

 

 

“DJで100人を盛り上げたい”

 

 

私は、中学から姉の影響で、クラブミュージックにどっぷりハマっておりました。

 

愛読書は411やサムライマガジン。

中学生ながらファッションは宇田川町の”GROW AROUND”で調達。(懐かしいw)

 

 

f:id:masashi0811:20190520135917j:plain

昔の写真がなかったので。。

 

 

 

両親におねだりして、ターンテーブルを購入してもらい、昼間のイベントに足繁く通うことになります。(YOUNG MONEYのBED ROCK が仲間内で大流行w)

 

 

 

www.youtube.com

 

 

今聞くと卑猥で顔が真っ赤になります。。

 

 

そのとき初めてDJを見た私は、「音楽だけでこんなにも人の感情をコントールできるんだ!」と感動し、「いつか俺も大勢の人を沸かしたい!」なんて思うように。

 

しかし、年齢を重ねるごとに無茶な夢だ。安定してないし。と自分に言い訳を繰り返して、次第にクラブミュージックから遠のいていきました。

 

 

クラウドファンディングならいけるかもしれない。”

 

 

西野さんの本を読んだ私は、中学時代の興奮が蘇り、気がづいたら音楽イベントの企画書を書き始めていた。

 

 

音楽を通じて、来てくれた人みんなが友達になれるイベントを作りたい!

 

 

中学生の私にあれだけの感動を与えた音楽には、きっとその力があると信じていました。

 

音楽は国境を越える。

 

こんなことはよく言われるけど、好きなものが一緒なら距離を縮めることに時間はかからない、しかも、お酒を交えて簡単なゲームをすれば、あっという間っしょ!

 

あと場所は、宇田川町近くで、どうせならDJは友達や先輩にも力を借りたい。(これは中学時代の影響ですw)

 

あれやこれやと色々思いついて、正直企画はすぐに出来上がりました。

 

 

しかし、ここに来て大きな落とし穴。

 

 

「ていうか、イベントって一人で開催するものなのか?」

 

 

いわゆるイベントを一緒に運営するメンバーが一人もいませんでした。。。

 

 

f:id:masashi0811:20190520140550j:plain

音楽と海をこよなく愛す男

 

 

 

“バーでの出会いが大きなきっかけをくれた “

 

 

企画書はできたけど、運営するメンバーがいない。

 

運営メンバーのことは全く考えていなかったので、ここに来て大誤算。初めてのイベント開催だったので、全く段取りがわかってなかったです。。

 

しかし、ある日立ち寄ったバーが運命的な出会いをくれた。

 

たまたま隣に座っていた同世代の男性。

見た目が最高にクリエイティブだった。。。

 

気があうかもしれない!

 

 

すぐに話しかけて、野郎二人で飲み始めました。

 

少し酔いが回り始めた頃。“こんな企画をやりたいんだ!”

 

私は考えていた企画を見せた。

そしたらなんと二つ返事で、「やろう!」ということに。(常々書いていますが、私は本当に出会う人に恵まれています。)

 

そこからは他のメンバーもすぐに集まり、あとは集客と開催するだけに。

 

 

初めてのイベントでも、絶対に成功させてやる!俺ならできると根拠のない自信にみなぎっていました。

 

 

しかし、このときは最後の最後でクラウドファンディングに苦しめられるなんて考えもしていなかったです。。。

 

 

後編に続く。

 

 

こっちも読んでね♪

 

 

marusankakusikaku.hateblo.jp

marusankakusikaku.hateblo.jp

marusankakusikaku.hateblo.jp

marusankakusikaku.hateblo.jp

 

【YouTube】とにかく発信あるのみって話

お疲れ様です。

 

ブログでもYouTubeでも、とにかく発信しまくります。

 

www.youtube.com

 

 

「お前のことなんて、誰も見てねーよ」

 

こんなことは重々承知だけど、たまに周りの目を考えて一歩踏み出せないときがあります。

 

一瞬気にしますが「まあいっか」でやっちゃいます。

 

後悔する生き方が一番嫌ですもんね。

ってローラも言ってた気がする。

 

中身無いけど、自分を鼓舞するために書きましたー

 

終わり♪